2011年02月16日

ファハカとミナミとコケなので水槽追加

どうもhay911です。

ファハカ水槽に入れてあるアヌビアスに糸状のコケが盛大に付いてしまって、見るも無残な有様です。

IMG_7603.JPG

裏庭の樹木にクモの巣がはっちゃったみたいな情景で、ノスタルジックに見えなくもないですが、ファハカ兄さんにもからまったりして、ごく控えめに見ても迷惑そうです。いや、大迷惑だろ。

まあ、あんたの食べ残しや大量のフンで富栄養化してるからコケてんじゃねえか?などというのは、飼い主の身勝手な言い分ですね。はい、飼い主がどうにかします。というのが、本日のネタなわけです。

で、なぜかいつもチャーム便から始まるわけです。

IMG_7594.JPG

いったい何回この角度でこの箱を撮影したんだろ。
そしてこの先何回の撮影するんだろ。

ま、いいか。
購入したのはこちら。

IMG_7595.JPG

5本入りCO2ボンベ、量り売りミナミ30g、レッドラムズ5匹です。

ボンベは、5カ月ぶりの購入です。だいたい月に1本消費している計算ですね。
あきらかにミドポン入れた方が経済的ですが、置く場所がないので、小型ボンベを使い続けます。

レッドラムズは久々に買いました。
むかーしに買って以来、勝手に増殖してくれて我が家のフグ達のオヤツとなってくれていたのですが、水草水槽をリセットしたら見事に全員居なくなりました。
スネール邪魔!!とか言ってる時はリセットしたって湧きでるのにね。
まあ、そんなもんでしょう。

で、ミナミ30gも同じくフグ達のおやつなのですが30gとなると結構な量でした。

IMG_7606.JPG

何匹いるんだろ?数えれる気がしません。
しかしこんだけ居たら大概のコケは殲滅できるんだろうなあ。

で、ふと思った。

ファハカ水槽のアヌビアスをこいつらでキレイにできるんじゃないか?

とはいえファハカ水槽にドボンしたらコケが無くなる前にミナミが無くなりますね。
そもそも、これだけの量のミナミをサテライトに入れるの無理だろ。メダカもいるのに。

・・・。

そうだミナミ&メダカの維持水槽 兼 コケがひどい水草のクリーニング水槽を立上よう。
となったわけだこれが。都合良くも。

IMG_7665.JPG

余っていた25CubeとAT-30で立上ました。
立上といっても維持水槽なので水入れてAT-30引っ掛けておしまいですけどね。

ちなみにAT-30のろ材はアクアあるあるに則り、別のろ材に換えています。
気休めだと思うのですがこんな感じで多少カスタマイズしてます。

IMG_7656.JPG

ろ過槽に落とす側のパイプにシリコンチューブを繋げて延長しています。
セットするとこんな感じ。

IMG_7660.JPG

要はろ過前の水をろ過槽の最下部に送り込むことで、水を下から上に回すようにしています。
気持ち的にはこれで止水域が減って、ろ過効率が上がってるんじゃないかなぁ、と思っています。
もちろん効果は判りません。

いいんです。ただで出来るし、自己満足だしね。

で、維持水槽立ち上げて2日目なんですがアヌビアスはどうなったかというと。

IMG_7669.JPG

ぴっかぴかじゃないか。

単体のコケ取り能力は小さくても、これだけの数が集まると大きな仕事しますね。
労働力の集約における生産性向上とは、みたいな訳解らん事を考えつつ早くもエサ不足なのでコリタブを投下。

IMG_7674.JPG

すげえ、エビ団子。

この勢いならコケも無くなるわと納得しました。

その頃のファハカ水槽。

IMG_7689.JPG

水草ないと殺風景だな。
てか、ファハカ兄さんが、さらにでかくなりました、
早くも、水槽サイズの拡張を計画しなければいけなくなったようです。

IMG_7713.JPG

でけーな。

IMG_7739.JPG

なんとアベちゃんの小さきことかな。

というわけで、フグフグでニヤニヤですが本日はこの辺で。

br_decobanner_20100321234014.gifrank02_1.png
posted by hay911 at 01:55| Comment(4) | ファハカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

フグ達のお仲間の近況

どうもhay911です。
前回の記事でフグ五郎の写真を撮ろうとしていたら、お仲間達も良い写真が撮れたので公開しておきます。

なんか、おまけっぽい記事だな。
ま、まぁ、いいか。

まずはこちら。
The海水魚といった風情のデバスズメ。

IMG_7453.JPG

けっこう体高もでてきました。
水量の割に生体数が少ないので、栄養いきわたってるんでしょうかね。
しかし、デバスズメとかどんな由来なんでしょう。
もうちょっと、かわいい名前なかったんでしょうか。

つづいても、The海水魚ですね。

IMG_7497.JPG

ニモ as カクレクマノミ(ん?逆か)の正面顔。
けっこう、とぼけた顔してますよね。

そして、イソギンチャクと戯れる姿はアクアの中でも世界クラスなシーンでしょうね。

IMG_7454.JPG

かわええ。
ちなみにイソギンチャクはロングテンタクルスアネモネという、舌を噛みそうな種類です。
なので、通称はLTです。

とはいえ、我が家のタンクでアイドルといえば、こいつなんですけどね。

楽太郎Theラクダハコフグ

IMG_7415.JPG

ちょっとガラス面が汚くて申し訳ないです。

IMG_7463.JPG

こっちの角度も素敵。ちょっと神秘的じゃありませんか。
てか、地球の生命に見えないな。

続いてはラクダつながりで、キャメルシュリンプです。

IMG_7422.JPG

名前の由来は背中のコブがラクダぽいからでしょうね。
ホワイトソックスに比べると、やや地味ですが、あまり隠れないのでブログ向きですかね。
ちなみに、そのホワイトソックスは脱皮直後ということもあって、全然、出てきませんでした。

代わりと言っては何ですが、こんな光景にも出会いました。

IMG_7423.JPG

エサ用スジエビon the やどかり。

我が家の生き残りのスジエビの一匹がやどかりのうえでツマツマしています。
なんとなく牧歌的な光景にも見えますが、フグ水槽で長らく生きながらえるのこの2名は結構なつわものなんじゃないかと思います。

というわけで、やっぱりトリはこの方ですね。

IMG_7565.JPG

メタボミドリフグ、フグ三郎です。
これでも、食事前なのでおなかぺったんこなほうだったりします。
あいかわらずのおっとりで、フグ五郎とも仲良くやってます。
ええこや。

というわけで、タンクメイトの皆さんの表情に頼り切った記事でしたが本日はこの辺で。

br_decobanner_20100321234014.gifrank02_1.png
posted by hay911 at 23:59| Comment(6) | ミドリフグと海水水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

フタがばっちりなのでフグ五郎がやってきた

どうもhay911です。
今日の内容は、昨日の記事と連動していたりするんですが、実はフグ四朗を飛び出し事故で亡くしてしまいました。
わずかな隙間から飛び出しちゃったんです。

のっけから暗い話で恐縮なんですが、、、3週間も前の話でして、とっくに立ち直ってたりします。
Twitterでは呟いていたのですが、ブログの記事にするのは自重していました。
というのも、昨夏フグ二郎を亡くした時は勢いで記事を書いちゃって、後で読み直すとなんかダークな気分になったので、今回は時間をあけてみました。

その間に、フタの改造とかをしていました。

ということは?

IMG_7326.JPG

じゃーん。生体ふくろ!!

そして、、、

IMG_7334.JPG

五代目ミドリフグ参上!水合わせ上等!よろしく!

はい。

お迎えしてしまいました。フグ五郎です。
安直のネーミングではありますが、もはや、このナンバリング命名規約から逃れられませんね。

ショップの比重も海水濃度だったので1時間ほど水合わせしてから水槽へ。

IMG_7343.JPG

移動ストレスでしょうか、体色が悪いです。冬場は温度変化も大きいですからね。

そもそも、冬場は入荷も少ないですし、あまり生体をお迎えするには良い時期じゃないですよね。
わたしのホームたるショップのパウパウも最近入荷がありませんでした。
なので、しばらくお迎えは無理かな?と思っていたのですが、ついでによったホムセンのアクアショップで出会ってしまいました。

全般的に状態の良くないショップなのですが、この子だけはびゅんびゅん絶好調に泳ぎまくっていました。
ヒレ欠けもないし、体格良いし、白点もついていません。

しかもね、この模様。

IMG_7571.JPG

顔つきといい、模様といいサヴァなんじゃなかろうか?

というわけで、値段はパウパウの3倍だし、ぱっと見は元気でも水槽の管理状態からすると、かなりハイリスクな個体ですが、3秒迷ってお連れしました。

なのに、店員がプラケに掬った瞬間に地面に向かってダイブするという、はっちゃけぶり。
でも、大丈夫。我が家の水槽のフタには一片の隙間もない!

でもって、このはっちゃけフグ五郎ですが、まだまだちびです。

IMG_7348.JPG

フグ三郎が並ぶと、もう、ちっちゃくて、かわええこと、かわええこと。

IMG_7406.JPG

にぱあぁ。

とか、

IMG_7483.JPG

えさくれ。

とかね。もうね。

やっぱりフグが好きなわけですよ。

というわけで、本日はこの辺で!

br_decobanner_20100321234014.gifrank02_1.png
タグ:ミドリフグ
posted by hay911 at 01:36| Comment(8) | ミドリフグと海水水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。