2010年10月16日

視線の先には

どうもhay911です。
タイトルで「視線」て単語を使ったのですが、最近よく「目線」て言葉も聞きますよね。
ほぼ同義に使われていますが「目線」は本来は映画や演劇で使う言葉のようです。

まあいわゆる業界用語ですね。

こういった言葉は、外来種ごとくあっというまに本来の単語を駆逐して、いまや上から目線とか派生単語まである始末です。
まあ、だからどうしたという訳でもないのですが、正しい日本語を使いたいと思った次第であります。

で、なんで長々とこんな書いてるかっていうと、前回の記事で・・・

「スリップストリームに付けてるフグ四朗も目線いってますしね。」

使ってんじゃん・・・。

えーと。

まあ、いいか。

前回、熱い視線を送っていたその先に何があったのか?

IMG_5796.jpg

実は死着だったヤマトだったりします。
ヤマトファンの皆様ごめんなさい。

当然、フグ三郎も争奪戦に参戦。

IMG_5799.jpg

びっくりしたのはキャメルシュリンプまで。

IMG_5804.jpg

どっちがどっちやら。

でも、フグ達は元気なキャメルシュリンプは襲わないんですよ。見た目大差ないのに。

まあ、リスク犯してまで襲わなくてもバカな飼い主がどんどんエサくれますからね。

フグ達とcharmばっかり肥える構図な訳だなw

br_decobanner_20100321234014.gifrank02_1.png
posted by hay911 at 01:05| Comment(3) | ミドリフグ(旧60cm) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウチもポチポチしまくっていますので、かなり肥えさせたと思います^^;
ペットショップ等で生体以外買わなくなってきていますもんね〜

相手が死んでいたらそのサイズでも食べに行くんですね〜
ウチのパファーさんも元気なヤマトには手を出しません。
小さいミナミや弱ったヤマトなんかはたぶん捕食されているでしょう^^;
Posted by whisper-warugaki at 2010年10月16日 08:24
なんと、うらやましいフグ達でしょう!

我が家のフグ達は、死んでしまったエビには目もくれず、元気なエビをしとめては食してしまいます・・・☆
Posted by くまお at 2010年10月16日 21:51
whisper-warugakiさん>
なかーまですねw
でもアクアは趣味としては金銭的投資は少なくてすむよなあ、と思っています。
ある程度、設備が整うと、あまりランニングコストがかからないですもんね。
というわりに毎月ぽちってる私はなんなんだ?w

くまおさん>
さすがモンドコロ君達ですね!
うちのフグ達は甘やかされているんでしょうねw
まあ、エビと混泳出来るフグとか、世間的には羨ましがられる存在ですよね。
Posted by hay911 at 2010年10月16日 23:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。