2010年10月16日

視線の先には

どうもhay911です。
タイトルで「視線」て単語を使ったのですが、最近よく「目線」て言葉も聞きますよね。
ほぼ同義に使われていますが「目線」は本来は映画や演劇で使う言葉のようです。

まあいわゆる業界用語ですね。

こういった言葉は、外来種ごとくあっというまに本来の単語を駆逐して、いまや上から目線とか派生単語まである始末です。
まあ、だからどうしたという訳でもないのですが、正しい日本語を使いたいと思った次第であります。

で、なんで長々とこんな書いてるかっていうと、前回の記事で・・・

「スリップストリームに付けてるフグ四朗も目線いってますしね。」

使ってんじゃん・・・。

えーと。

まあ、いいか。

前回、熱い視線を送っていたその先に何があったのか?

IMG_5796.jpg

実は死着だったヤマトだったりします。
ヤマトファンの皆様ごめんなさい。

当然、フグ三郎も争奪戦に参戦。

IMG_5799.jpg

びっくりしたのはキャメルシュリンプまで。

IMG_5804.jpg

どっちがどっちやら。

でも、フグ達は元気なキャメルシュリンプは襲わないんですよ。見た目大差ないのに。

まあ、リスク犯してまで襲わなくてもバカな飼い主がどんどんエサくれますからね。

フグ達とcharmばっかり肥える構図な訳だなw

br_decobanner_20100321234014.gifrank02_1.png
posted by hay911 at 01:05| Comment(3) | ミドリフグ(旧60cm) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

キャメルシュリンプがやって来た

どうもhay911です。
やっぱり日韓戦は燃えますね。サッカーでも野球でも。
スポーツも文化も政治も経済も、健全にライバル関係になれれば良いのになあ〜、と子供じみた想像をしてしまいます。
まあ、きっと大人の事情があるんでしょうね。

でもって大人になって何が嬉しいかっていうと、やっぱり大人買いが許されるところですよね。

わたしの場合、しょっちゅう大人買いなので単なる無駄使いなんですが、まあそこんところの境界は曖昧でお願いします。

先日の記事でも、新規立上用品を買ってるのは良いとして(まあ、これも大人買いの一環なわけですが)、明らかに趣を異にする買い物が・・・。

IMG_5723.jpg

キャメルシュリンプでーす。

フグ水槽にエビとか、どんだけ甘やかし放題なんだよって思いますでしょ。

いや、でもね、うちのフグはエビ大好きなんですが、温室育ちなのか生きてるエビは襲わないんですよ。
(弱ってると別ですけどね)
現に、一年前に水槽立ち上げた時に、水質チェック役でお越しいただいたエサ用のエビMixが未だに共存してたりります。

というわけで、チャームでセールしていたので、相も変わらず見事に釣られてお買い上げです。

はい。では水槽へどうぞ。

IMG_5825.jpg

なかなか赤色が映えますね。

ちなみに、ライブロックの奥に見えてるのが、生き残りのエサ用エビMix君です。

さて、キャメルと言えばラクダ?

IMG_5757.jpg

ラクダといえば楽太郎。楽太郎も元気です。
キャメルシュリンプを横目に何か狙ってますね。スリップストリームに付けてるフグ四朗も目線いってますしね。

IMG_5747.jpg

ふふふふ。何かねらってますよん。

br_decobanner_20100321234014.gifrank02_1.png
posted by hay911 at 00:53| Comment(3) | ミドリフグ(旧60cm) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

彼はゲーセンからやってきた

どうもhay911です。
気が付いたら今週は更新をさぼってました。まあ、例によって平日から飲み行ってたからですw

前回の記事でフグ二郎の急逝をお伝えしましたが、翌日、娘とショッピングモールのゲーセンに行ったときについやっちゃいました。

IMG_0222.jpg

UFOキャッチャーです・・・。

正直なところ、景品に生き物とか反対です。
こんな狭いケースに押し込んでるし、簡単に飼育出来ます的な説明つけてるし。とかとか。
まあ、金魚すくいが季節の風物詩な日本なので、深刻にとらえる人は少ないのかもしれないですね。

そんな文化圏で義侠心に駆られて一匹救い出しても、業者がウマーになるだけで、なにも改善しない、いやむしろ改悪なのは判ってるんです。

でもさあ、どう見たって、飼えないでしょ?みたいな人がトライしてるの見てて、こんな人に取られるなら・・・、

えーい、言い訳してもしょうがない。

見てたら、どうしても欲しくなっちゃんだようぅ。

というわけで定価(銀座パウパウ比)の5倍近く投資して連れて帰ってしまいました。

IMG_5572.jpg

最初がりがりに痩せてたので、だめかも・・・、とも思ったのですが、なんてことなく5日ほど経ちました。
どうやら水槽に馴染んでくれたようです。
おなかもぽっこりしてきました。

実は、連れて帰りたくなっちゃった理由のひとつに彼の模様のかわいさがあります。
もしかしたらサヴァかもしれないなあ。と。

でも、今はまだすげーちびです。

IMG_5580.jpg

フグ三郎と比べると、まさに大人と子供です。
まあ、やつが標準体重とは思えないけど。

そんでもって、このゲーセンミドリくん改めフグ四朗ですが、おそろしくやんちゃ小僧です。

カクレのヒレかじるし、楽太郎はこづくし、フグ三郎のエサは奪うし・・・。
若いので怖いもの知らずなのかもしれませんが、他のミドリ達はそんなことなかったぞ。
いつか、手痛いしっぺ返しを食らいそうで怖いですが、一足飛びに大人にはなれないので見守るしかないですね。

IMG_5586.jpg

しかし、このかわいさは異常(笑)

br_decobanner_20100321234014.gifrank02_1.png
posted by hay911 at 23:41| Comment(5) | ミドリフグ(旧60cm) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。