2010年11月26日

OF水槽立上8(完結編)

どうもhay911です。
ヤマトの実写版が公開されますよね。キムタクが主演するアレです。


じつはここだけの話、すごく観たいんです。
えー、あんな国産SFでジャニだよ、という野次が聞こえるようですが、良いんです。
だって、ヤマト世代だし。

で、奥さんと娘を誘ってみたのですが、躊躇なく断られました。
娘にはキムタクじゃなくてマツジュンなら見に行くって言われました。
そうか、時代は移ろうんだね・・・。

ちなみに私がはじめて友達と見に行った映画は「宇宙戦艦ヤマト 完結編」でした。
ぐぐったら83年公開ですって。もう30年近く昔ですよ。だから時代は移るんだってば。
というわけで、OF水槽もついに完結編を迎えるわけですねというのが、本日の記事なわけです。

前回で水槽のセットは概ね完成しているので、生体やら、ろ材やらの移動が最後にしてメインのミッションです。
ここでコケたら何の意味もないですからね。

まずはスターターとしてこの子らにおいでいただきました。

IMG_6218.jpg


デバスズメダイです。
凶暴そうな名前ですが、スズメダイの中ではかなり(唯一?)の温厚派です。
あまりスターターフィッシュという考えはよろしく無いのかもしれませんけどね。
そのへんの議論はさておき、水槽の調子を斥候として確かめてもらうべくお迎えしました。

群れて泳ぐとキレイです。なのでほんとはもっと欲しかったのですが、万が一水槽に難があったりとか考えると2匹が限界でした。
まあ、ショップに元気な子が2匹しかいなかったという事情もあるんですけどね(そっちか)

お迎えして3日ぐらい様子をみましたが、異常はないようなので、いよいよ引越しに着手です。

こちら、引っ越し前のフグ水槽。

IMG_6229.jpg


最後の撮影です。
立ち上げてから1年でした。いろいろと思い出のある水槽です。
とセンチメンタルな感情にひたってると作業も記事も終わらないわけだ。

まずはライブロックを取りだしました。

IMG_6231.jpg

購入した時はB品で石灰藻もあまり付いていなかったのですが、この半年で随分と増えた気がします。

つづいて生体を移動します。

IMG_6239.jpg

おきまりなんですが、結構たいへんでした。いや、フグ達は簡単だったんですけどね。
バンブルビーコビー達が隅っこに逃げ込むとどうにもならなくて。

ちなみに3週間ほど前に投入したエサ用スジエビが3匹生き残ってました。
10匹入れたので生存率は3割です。
ぬるいフグ達なのか、エビ達が強靭なのかはよく判りませんが、ここまで生き延びたのなら、今後も頑張ってほしいものです。
ちなみに、この3匹とは別に一年前から生き残ってるつわものもいます。

一旦、生体をバケツに避難させている間に、サンゴ砂とろ材も移動します。
まずはサンゴ砂です。

IMG_6240.jpg


きたないなあ・・・。ほんとに敷くとフグ達かじってくれるんかな。
無視されると、せつないなあ。せっかくキレイな底砂敷いているのに。

IMG_6288.jpg


ろ材は移動分と新規分あわせて15リットルぐらいはいってると思います。
エーハのサブプロを中心にPHハードやらテトラのリンクろ材やらがまぜこぜです。

この間に生体は水合わせをしておきます。

そして、ついについに生体も移動です。

IMG_6251.jpg

じゃーん。てか、うーん・・・。

みなさん隠れちゃった。
カクレクマノミだけが出てきてる。あはは。

ま、ま、まあ最初はしょうがないよね。

そのうち、出てきてくれるよね。ね。

というわけで、完結編なのにしまらない終わり方になってしまうあたりがhay911流ということで・・・。

br_decobanner_20100321234014.gifrank02_1.png
posted by hay911 at 01:46| Comment(4) | OF水槽立上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

OF水槽立上7(水も透明になったよ編)

どうもhay911です。
ハリーポッターの出演者みてると、みんな大きくなったなあ、とかしみじみ思っちゃいます。
この子たち、あまりに有名子役すぎてこの後大丈夫なんでしょうか。
なんか、えなりかずきが脳裏をよぎってしょうがありません。
スケールは全然ちがいますけど。

まあ、どうでも良いわけですが、光陰矢のごとしなわけで、気がつけばOF立上記事が7個目とか、ほんとに早いものです。
いや、書くのが遅いんだが。

という反省を活かすべく、めずらしく二日連続で更新です。です。

前回、アラゴナイトサンドの粒子が細かくて、濁っちゃってどうしましょ。だったわけでが、

まず、濁りを取る。
そんでもって水流対策をする。

というステップでいってみます。

濁りの原因は砂なので物理ろ過すればOKなのは判ってるんです。でもね、この状況でOF動かしたら、サンプの中が砂だらけになるのは目に見えてます。
当然、ろ材も目詰まりする可能性が高いです。
というわけでOF稼働は却下。

でも、あわてない。物置あされば、なんか出てくるだろ。

IMG_6144.jpg


これしかなかった・・・。

SpacePowerFit通称SPFですね。

うーん・・・。微妙。

モーターが小さいのは、まあ良しとしても、ろ材形状てきに物理ろ過能力はないよね。

やりましょう。

IMG_6148.jpg

EX-75の予備のウールマットです。
すでに、どうなるか予想ついてると思いますが気にしない。

IMG_6149.jpg


ちょきん。

ぎゅぎゅう。

IMG_6151.jpg

できた。

単にウールマット詰め込んだだけです。

待っているアラゴナイトサンドはかなり細かい粒子なのでウールマットの繊維より明らかに小さいですが、これだけの距離を通れば、それなりにろ過されんじゃなかろか?と期待してみます。

すいっちおーん。

IMG_6157.jpg


OK!!

まあ、クリアになるまでに24時間ぐらいかかりましたけどね。まあ、気にしない。

実は濁りがとれてから気がついたのですが、アラゴナイトサンドが全然たりてなくれて、追加で購入しました。

でもね、濁りはとれても、水流つけたら、また濁っちゃうでしょ?

というわけで、不足分のアラゴナイトサンドを購入の際にこちらも追加で購入してきました(どんどん予算オーバーしていきます・・・)

IMG_6181.jpg


ホワイトコーラルサンドです。
メーカが書いていないのでショップブランドかもしれません。

ショップの兄さんによると”コーラル”と付きますが素材はサンゴではなく鉱物とのこと。粒は細かいですが、アラゴナイトサンドほどではありません。比重も重そうです。

IMG_6183.jpg


洗浄の要否を聞き忘れたので、念のため洗浄。結果、むちゃくちゃ濁ったので洗浄して正解でした。
洗ってる時の感覚でも比重が重いのが伝わってきました。

期待を込めて投入。

・・・

IMG_6185.jpg


また濁った。

けど、果報は寝て待て。水流をつけたまま就寝。

・・・

IMG_6220.jpg


きた〜〜〜〜。

ようやく、ようやく、ここまでたどり着きました。
水槽が届いてから、ここまで4週間もかかってます。あははは。
なんか、もうこの時点で感無量です。

あとは、2〜3日、水を回してからスターターをお迎えする予定です。
さらに様子見てから、部分的に引越しを開始していきます。
後1週間ぐらいで全メンバーの引越しも終わると思います。

次回で立上記も一旦最終回の予感です。多分。

br_decobanner_20100321234014.gifrank02_1.png
posted by hay911 at 02:18| Comment(6) | OF水槽立上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

OF立上その6(やっと底砂敷きました)

どうもhay911です。
とっくに更新停止している楽天ブログの旧ブログのヒットカウントが順調に伸びていて、こっちのブログよりもヒットカウントが高いというのはいかがなものか。
こういう明らかに誘導狙いの巡回ツールは規制すれば良いのに。
まあ、いいんだけどね。

閑話休題。こんなこと書いてるから、なかなかOF立上が先に進まないんです。
ということで、やっと底砂敷いたぜというのが本日の記事なわけです。

今回、底砂で利用したのはこちら。

IMG_6123.jpg


アラゴナイトリーフサンド ナチュラルホワイト
です。

久しぶりにアフィ貼ってみました。冒頭で楽天をdisったことは10行目にして忘れました。ははは。

海水の定番のサンゴ砂ではなく、鉱物原料の底砂です。
説明によると、海水魚やサンゴに必要な微量元素を少しずつ供給し、かつバクテリアまで付着しているという夢のような底砂らしいです。

今回は海水ぽく目の細かい底砂にしたいなあと思っていたので、一番細かい#0を選んでみました。

まあ、この選択が激しく後悔することになるのですが、それは順を追ってということで。

前回の記事のとおり、水槽には既に海水が入っています。かつ、一角はフグ達のために大き目のサンゴ砂コーナーにする予定です。
上からどばどばいれたら、フグコーナーにも底砂が入ってしまうので、こんな感じでフタしてから投入です。

IMG_6125.jpg

写真だとわかんないですね・・・。

まあ、いいか。
フグコーナーには塩ビシートで蓋をしたと理解してください。

このアラゴナイトサンドはバクテリア付きなので洗わずに利用できます。
これポイント高いですよね。
底砂を洗うのって水槽立上の中で唯一苦痛の作業ですよね。ね?

どんな底砂なのか見たかったので、一旦、バケツに移しました。

IMG_6126.jpg


ん?なんか粒が細かすぎやしないか・・・?
もとから水分含んでいるのですが、粒子が細かくて乳白色になってますよ。

これ、水槽にいれたら、どうなっちゃうの・・・?

もう、物凄くいやな予感しかしないのですが、他にどうすることもできないので可能なかぎりそっと移します。

そんでこーなった。

IMG_6130.jpg


hahahahaha!! massiro daze!


Theまっしろ。投入したら豆乳みたいだぜ、とかホントに死にたくなるようなオヤジギャグをつぶやいちゃたぐらいに濁りました。

まあ、覆水盆に返らずなわけで、英語圏の人的にはお盆からこぼれた牛乳はもとに戻らねーぜな訳で、なんで牛乳なんだよセンスねぇ、とか思っていたわけですが、今の自分にはぴったりだなオイ、とかホント頭も真っ白。

まあ、でもどうにかなるもんでもないし、れっきとした商品なんだしほっときゃ落ち着くでしょ。と思い定めて就寝。

24時間後・・・。

IMG_6131.jpg


まじかい・・・。

IMG_6132.jpg


岩山てきな置物は見事な雪化粧・・・。

透明度45cmないでしょ。これ。三重管が見えないんだもん。

こうなると、気になるのが水流です。
一応、サンゴも入れるので水流はつけます。水流つけたら、舞い上がっちゃうのではなかろうか?

IMG_6134.jpg


すいっちおん。

IMG_6145.jpg


hahahaha!! yapparine.

まあ、そうだよな。

どーしよう、これ。今さら、底砂交換とかできないよあたしゃ。
ということで、後半へ続く(キートン山田風でw)

br_decobanner_20100321234014.gifrank02_1.png
posted by hay911 at 01:18| Comment(6) | OF水槽立上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。