2011年09月16日

カーリーかっ!

どうもhay911です。
前回、ライブロックをいじってたら見たくもないものを発見したよ、てなネタを書きましたがその続報です。

こいつです。

IMG_9422.JPG

マリンアクアリウム界きっての嫌われ者、カーリー!

カーリーというのは通称のようで正式にはセイタカイソギンチャクというのが正解らしいです。カーリーは別種のイソギンチャクなんですが、昔に間違って紹介されて以来その名前が定着しちゃったようです。
本家カーリーは相当に不憫なやつですね。
うぐいす色と言われてメジロの色を思い浮かべられちゃうメジロぐらいには不憫です。ん?ちがうな。

閑話休題、最近ライブロックの追加はしていないのに、こいつらどこから来るんでしょう?
生体を追加するときもショップの海水は入れないので幼体が紛れ込む可能性はかなり少ないと思うんですけどね。

視認できる限りで4体のカーリーが居ました。
この繁殖力の強さが嫌われ者たる所以なんでしょうね。
放置しておいても何も解消しないのは虫歯と同じなのでカーリー駆除に着手です。

コケ駆除もそうなのですが、あまり水槽内で薬品を使うのは好きではないです。
手作業もしくは生物兵器に頼りたいところです。

ググッてみると、手作業駆除は下手すると拡散するだけのようなので却下。
生物兵器としてペパーミントシュリンプが効果あるらしいのですが、サイズ的にカーリーを駆除する前にフグ達に召し上がられるのは間違いなさそうなのでこれも却下。

という事情を踏まえて駆除薬に頼ることにします。

IMG_9417.JPG

じゃーん、アイプタシアX!!
このサイズで1480円とか結構なお値段します。

お値段は高いですが、カーリー駆除の定番中の定番(らしい)です。
いろんな方のブログでも紹介されているので効果および薬害に関しても安心できそうです。

いざ、駆除開始!

IMG_9424.JPG

注射器!ハァハァしてきますね(うそ)
この注射器を使って、カーリーに駆除薬を直噴するようです。

水槽内の残薬は自然分解されるようですが、ちょっと怖いので換水の前に実施です。
水流を全閉にして、いざ投薬。

IMG_9437.JPG

おおっ、すげー。カーリーの触手があっという間に溶解しました。
さすが値段が高いだけはあります(くどい)

このアイプタシアXですが見える所のカーリーにはかなり効果が高いです。
ただし直噴なので水槽内のカーリーを全滅できたと考えるのは安易でしょうね。
きっとライブロックの影とかの見えないところに息づいているんだろうなと思います。

カーリーとの戦いは始まったばかりなのかもです。
というわけで本日はこの辺にて。

にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへ
にほんブログ村
posted by hay911 at 00:12| Comment(5) | ミドリフグと海水水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

沖縄産ライブ(まだデッド)ロック投入

どうもhay911です。
沖縄旅行で拾ってきたライブロックならぬデッドロック(サンゴの骨格)を本水槽に追加してみたよ、というのが本日のネタです。

トリートメントタンクを常設しているので、3週間ほど沈めておきました。

IMG_9272.JPG

予想通りなんですが、特になんにも起きませんでした。
ブログ的にはなんか起きて欲しかったんですが┐(´∀`)┌ヤレヤレ

まあ何も無いことは良いことなので、本水槽に設置しました。

IMG_9423.JPG

見比べると随分と違いますねえ。あたりまえですが白さが目立ちます。でも、よ〜〜〜く見ると早くも石灰藻が付いて紫色になり始めているところもあります。
写真じゃわかんないですけどね。

ひきの全景はこちら。

IMG_9446.JPG

ちょっと立体的な構図になったので、色が馴染んでくるのが楽しみです。

ちなみにライブロックのひどいコケは解消しました。
一時はこ〜〜んなにひどかった。

IMG_9292.JPG

けど、今はこれぐらいまで解消。

IMG_9443.JPG

けっこう綺麗になりましたでしょ。
しかもディスクコーラルが2枚に増えてますね。

コケ対策として実施したのはこちら。
・照明時間を20%カット(節電にもなるしね)
・グリーンエメラルドクラブ導入(2日目以降、いまだ目撃例なしw)
・ヒフキアイゴ導入(一応、ライブロックつっついてます)
・ウールボックス設置(効果不明)
・歯ブラシの刑(kitakituさんを参考にあまりに酷いところは歯ブラシで取りました)

IMG_9378.JPG

どれが効いたのかはよくわかりませんが、コケはおさまりつつあるようです( ̄ー ̄)bグッ!

でも今回ライブロックを動かしている時に見てはいけないモノ(見たくないモノか)を見つけてしまいました・・・。
まあ、そのネタはまた次回、ということで本日はこの辺にて。

にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへ
にほんブログ村
posted by hay911 at 23:57| Comment(2) | ミドリフグと海水水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

ベルリンへの道5:ウールボックスを作ってみた

どうもhay911です。

我が家のフグ水槽をベルリンシステムにしてハードコーラル飼っちゃうぜ企画の続きです。
前回の記事でろ材を抜きました。
それから、やく1.5ヶ月経過した現在の硝酸塩状況はこちら。

IMG_9174.JPG

う〜ん・・・。減ってはいますが10〜15ppmぐらいはありそうです。目標値たる0ppmには程遠いです。

硝酸塩が検知されるということは、アンモニア→亜硝酸塩→硝酸塩の硝化サイクルが生きているということなんですかね??

ろ材はなくともライブロックや底砂にも好気バクテリアは住み着いているでしょうから、スキマーで除去できないタンパク質が硝化されているんだろうか??

なぜ・・・。

ウールボックスが無いからかなあ?

前回ろ材を抜いた時に余ったスペースにもう1個スキマー(HS250)を設置した関係でウールボックスを取っちゃいました。ウールボックスは好気性バクテリアの住処でもありますが、食べ残したエサや糞を効率的に回収する物理ろ過でもあります。

なんせ、フグたちですからね。食べ残しはそれなりに出ます。

よ〜し、じゃあウールボックス設置しよう!

でも、設置スペースがねえぇー!!

IMG_9310.JPG

設置するには、HS250を撤去する必要があります。
スキマーとウールボックスを天秤にかけた場合、どっちが硝酸塩除去に効果的なんでしょう?

わからん・・・。

わからんので併設してみよう!
ということで、無理くり併設するために省スペースのウールボックスを作ってみることにしました。
何気にここからが本題だったりします。前置き長いね。

こちらはノーマルサイズのウールボックスです。

IMG_9396.JPG

サンプの奥行きに合わせて40cmあります。併設するには半分以下の幅にする必要があります。

どーすっかな?と部屋を見渡すと丁度良さそうな材質、形状、サイズの箱が!

IMG_9397.JPG

アクアリストな皆様ならご存知のプラケースですね。

これに穴あけてウールマット敷けば良いんじゃね?
ということで久々に工作開始です。

まずは穴あけ。

IMG_9304.JPG

木工用のホルソーであけたのですが何箇所がヒビが入りました(^^ゞ
まあ密閉性がそんなに重要な部位ではないので後でシリコン詰めればOKでしょう。

ここに、塩ビ管のエルボーを接着します。

IMG_9307.JPG

おぉ、これだけで早くもウールボックスの風体ですね。
ちなみにストレート管ではなくエルボーにしたのは落水音の軽減のためです。
それなりに効果あります。

続いてウールマットを敷くために、VP13の塩ビ管を2.5cm長で4本に切断して下駄を作ります。

IMG_9306.JPG

これをプラケースの内側に接着して、その上にパンチングボードをのっけます。

IMG_9308.JPG

さらにウールを乗っけると、、、

IMG_9314.JPG

いやーん、なんか完璧にウールボックス!!

最後に接着面とヒビ入ったところにシリコンを塗ったくって乾燥させた後2日ほど別水槽に沈めてアク抜きして、いざ設置です。

IMG_9315.JPG

うん、良いんでないかい!!

さて工作は楽しかったのですが、果たして効果はあるのでしょうか?
ウールマットはマメに交換しないと好気性バクテリアが増えてしまう可能性はありますが、結果はまたの機会に。
ということで本日はこの辺にて。

にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへ
にほんブログ村
posted by hay911 at 00:08| Comment(3) | ミドリフグと海水水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。